車にフロアマットを敷く必要性

In 車内 il

赤い車

車に土足で乗ると砂や土、雨の日なら泥水がついてしまいます。しかし、足を乗せる面が起毛で絨毯のような素材でできているので簡単には洗うことができません。そのようなときにフロアマットは必要になってきます。

フロアマットを敷いていれば汚れてしまったときはマットを洗えばいいし、現在はそれぞれの形状に合わせたマットが簡単に購入することができるようになっています。
また、黒一色のものだけでなくカラーコーティングされたものもあるので自分ならではのコーディネートをすることができるのです。

カラーコーティング
最近の日本のアニメやゲームのファンは熱狂的であり、特にコスチュームプレイ通称コスプレをする人口が増えてきています。衣装や道具を揃える方法は人それぞれで、売っているものを買ったり、自分で作ったりする。

特にキャラクターが持っている武器や道具を自分で作る場合は、作品内のものと同じ素材で作ることはほとんどできないので、別の素材で作ったものをカラーコーティングして、作品内のものに近づけています。カラーコーティングを使えば、作れないと思っていた物が作れるようになるでしょう。


フロアマットとは

In 車内 il

グレーの車

フロアマットとは、カー用品の一つで、車内に敷くマットのことです。通常ラバータイプや、塩化ビニールマットを指す場合が多いです。機能として、敷物としての性格はもちろんのこと、断熱や防遮音性が必要になります。

また、外装においてのカラーコーティングが重要なように、内装において重要な部分でもあります。表面的なデザインでの自由度が高く、素材によってのバリエーションも多いので、用途に合わせて選択することが可能です。

フロアマットの注意点
通常、購入と同時に装着しますが、その後途中で新品に交換することは稀であり、走行距離の増加とともに劣化が進み、場合によっては室内環境の悪化を招くことがあるため、注意が必要です。

車の美観を保つための方法は様々ですが、外装の場合なら汚れの付着を防止するカラーコーティングが多く利用され、外観洗浄の手間軽減の一助となっているところです。

一方で内装の場合は、こうした便利な方法はなく、定期的な清掃で美観を保つしかありません。ともすれば汚損しがちなフロアマットは特に気を使わなければならないものの一つです。


カラーコーティングとは

In 車内 il

オレンジの車

カラーコーティングとは、主に自動車のヘッドライトに塗装をすることです。マニキュアのように、自分の好みの色を塗ることで、ライトの色を変えることができます。

マイカーをセンスよく仕上げたい人や、他人と違うものが良いと考える人に人気があり、カーライフをより楽しむために行います。カーショップで材料を購入すれば、自分で行うことも可能です。効果は6か月から1年間にかけて持続しますが、走行条件などによって変わってきます。

車のカラーコーティングの方法について
カラーコーティングの方法は、まず、洗剤を残さないように洗車をします。

そのあとボディに水をかけて粘土でこすり、鉄粉などを取り除きます。

クロスにコーティング剤を3,4滴つけて薄く塗り伸ばすようにしてすりこみ、乾燥させ、拭き上げようのクロスで拭いて終了です。

初めての方が塗布される際、多めに塗ってしまうことがありますが少量で塗ることがポイントになります。

また、ポリッシャーを使うとより本格的にすることができます。